読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

このブログで一時使ってた文言

この記事を読む所要時間(約3分)

※1分あたり400字で計算

 

この記事は、「このブログで一時使ってた文言」で現在使っていないものを書いたものです。

 

このブログで一時使ってた文言

記事を書こうと思った動機

先ほど、以下の記事を読みました。


ブログの締めの言葉について考え、使ってみることにしました! - 有限な時間の果てに

 

私もこのブログでは、最後に締めの言葉を途中からつけています。

逆に、最初の1か月くらいは締めの言葉がありませんでした。

 

付け始めた理由は、popoon(ぽっぷーん)さんが書いている以下の理由からです。

  • 読了感を演出

エントリー終了の合図として機能し、読者の安心感にもつながります。

ブログの締めの言葉について考え、使ってみることにしました! - 有限な時間の果てに

 

なくても良いかもしれませんが、あると、

「ああ、これでこの記事の言いたいことは終わり」

というのが分かりやすいというところですね。

 

その逆に、私が使うのをやめた文言をちょっと書こうかなと思い、書こうと思います。

 

このブログで一時使ってた文言

それは、次回更新予告です。

 

次回更新予告というのは、説明するまでもなく以下のようなものです。

次回更新は、明日(○○年○○○○日)の○○時を予定しています。

 

数日くらい記事の最後に書いていたのですが止めました。

 

理由は、

「1記事で完結している場合は、明日の記事も読まなければ、内容が分からない!」にはならない

というところです。

 

私は基本的に、1記事で1話完結させる考えで記事を書いています。

私の経験ですが、複数の記事で1話完結する記事だと、

「途中から読んだ人は、さっぱりわからない!」

 

さらに言うと、

  • 「最初の記事を読んだからと言って、次の記事を読むとは限らない。」
  • 「途中の記事から読み始めた人が、最初の記事にさかのぼって読むとは限らない。」

わけです。

 

そして、私の場合は1記事で1話完結しているので、

「そもそも、次回更新予告をする必要がなかった」

ということです。

 

次回更新予告があると良いかもしれないブログ

既に、上記で書いてますが、

「複数の記事で1話の構成になっており、連載中の記事を扱っているブログ」

には、次回更新予告があると良いかもしれません。

 

ときどき、

「終わりかよ!続きは?」

と続きが気になる記事を読むことがあります。

 

「続きが気になる記事」を書ける人は結構、文章が上手い人ではないかなと私は思います。

 

そういう「続きが気になる記事」に次回更新があると、読む側からすれば親切な印象を受けるのですが、

そう思うのは私だけかな・・・

 

以上、ありがとうございました。