読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

[夢落ち][妄想文章]私は広告出稿費を守っただけだ。

この記事を読む所要時間(約3分)

※1分あたり400字で計算

 

この記事は、個人的な昨晩の夢の内容を書いたものです。

 

※この記事はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。 

 

[夢落ち]私は広告出稿費を守っただけだ。

今日も通常業務が早々に終わった午後3時、従業員と共にブラウザと表計算ソフトを開き、いつもの作業に入る。

作業内容は、

「検索エンジンが運営している広告の掲載違反、

アフィリエイト広告掲載違反のサイト調査」

である。

 

私の会社では、マーケティングの一つとしてアフィリエイトサービスや検索エンジンに広告出稿を行っている。

 

特に検索エンジンの広告に関しては、誰かがクリックすることで出稿元に請求が発生する。

 

クリックされるだけで、サービス契約に結びつかなければ赤字だ。

 

そのためには、自社が販売するサービスに関するサイトを調査し、

誤クリックや誘導クリックを行っている、悪しきアフィリエイターを見つけ出し、

契約に結び付きそうな規約を守っているブログやWebサイトの権利を守る必要がある。

 

基本的に検索エンジンは、検索エンジン独自のクローラで違反調査を行っているが、一番確実な対応は広告主からの違反報告である。

従って、検索エンジン運営会社がサービス向上という名のもとに、違反者を追放できるよう、広告主としては日ごろの違反サイト収集の品質を高めなければならない。

 

今日も、社員総出で収集した結果、1時間ほどで違反サイトリストの報告書が完成した。

社長である私が最終チェックし、検索エンジン運営会社への報告を承認する。

 

その中には、

はてなブログでオフ会した人、普段から交流があるブロガーのURL

があった。

間違えではないかと、急いで私は自分のパソコンで、そのURLを確認する。

 

ラベル表記には問題ないように思うが、レイアウト的に誘導クリックを起こしやすい場所にあり、さらに自社の広告が貼られている。

または、まったくラベル表記がされず、コンテンツと区別できずに表示されている、自社の広告もあった。

または、1か月前に違反報告したサイトが既に元に戻っているものもあった。

 

私の机の前で、私の承認を待っている従業員が不審に思い始めている。

このままでは、

「仲良しブロガーは違反しててもOKなんですか?」という前例を作ってしまう。

 

私は心の中で、

「私は広告出稿費を守っただけだ。みんな、ごめんね。」

と呟きながら、

承認印を文書に押し、従業員に言い放った。

 

「違反箇所も分かりやすくまとまっていて、確認した結果問題ない。

今すぐ、この悪質違反サイトを検索エンジン運営会社に報告しろ!!!

1度でなく2度も違反しているサイトに鉄槌を下せ!!!」

 

~数日後~

 

「ラベル表記なしで広告貼ってた結果wwwwww」

というタイトルの記事が、

ブログの人気エントリー、ソーシャルブックマークに並んだ。

 

私は、

「明日の神楽坂のオフ会は、どんな顔で行けばいいのだろう?」

と思いつつ、

大手ネットショップで防弾チョッキを1クリック注文した。

むしろ、手斧に強いヘルメットが必要かな・・・

 

余談

という夢を見ました。

 

妙に現実味がありすぎて・・・昨日のことが私にとっては印象に残る出来事だったんでしょうね。

 

寝る前に物議を起こす可能性のある記事を書くと、私の場合は夢に影響する!

と反省しています。

 

 

繰り返しますが、

この記事はフィクションであり、登場する団体・人物などの名称はすべて架空のものです。

 

以上、ありがとうございました。