読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

ロリポップ!レンタルサーバーの個人的感想

レンタルサーバー レビュー

この記事を読む所要時間(約7分)

※1分あたり400字で計算

 

この記事は、ロリポップ!レンタルサーバーの個人的感想を書いています。

 

先日、鈴木(id:suzukidesu23)さんから以下のようなはてブコメントを頂きました。

suzukidesu23
ロリポップって安くて良いと思うんですけど、実際の使用感、重たいとかも教えてくれると非常にありがたいですm(__)m 

コメントくださりありがとうございました。

 

私なりのロリポップ!レンタルサーバーについて感想を書いていこうと思います。

 

ロリポップ!レンタルサーバーの個人的感想

このレンタルサーバーを薦めるとしたら

先に結論を書くと、

初めてレンタルサーバーを使う方向き。

言い換えると、

1度でもレンタルサーバー利用経験がある方は物足りない部分がある

と私は思います。

 

その理由について2つほど書いていきます。

 

HDD容量増加は行っているが、データ転送量増加は行っていない

2012年からのデータになりますが、

ディスク容量アップのお知らせ【最大60GB】 - 2012年07月10日 / 新着情報 / お知らせ - レンタルサーバーならロリポップ!

2012年にすべてのプランで容量が2倍になりました。

【お値段そのまま】容量アップのお知らせ【最大120GB!】 - 2013年07月10日 / 新着情報 / お知らせ - レンタルサーバーならロリポップ!

そして、2013年にすべてのプランで容量がさらに2倍になりました。

 

消費税増税はありましたが、値段据え置きでディスク容量が増加しているので一見するとプラスに見えます

 

しかし、データ転送量は変わっていません。

データ転送量の制限はありますか? / 利用規約について / よくある質問集 / サポート - レンタルサーバーならロリポップ!

 

データ転送量については以前、このブログでも以下のように書きました。

例えば、ロリポップロリポプラン)とミニバードを利用していて、以下のようなデータ転送量の週があったとします。

  データ転送量
合計
ロリポップ
ロリポプラン
(1日あたり5GB)
2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 5GB 32GB
ミニバード
(1ヶ月あたり150GB)
2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 5GB 32GB

どちらも、1ヶ月換算で考えれば、150GB以下ですので問題ないはずですが、ロリポップの場合はデータ転送量の制限が1日あたりで制限されるので、上記の表では、金曜と土曜は1日当たりの転送量の目安を超えているので、制限されて表示されない可能性があります。また、データ転送量の制限はあくまでも目安ですので、木曜と日曜も制限される可能性はあります。

ロリポップ、ミニバード、ファイアバードのデータ転送量比較 - operationservicebuの日記

 

結果、ディスク容量を気にする必要は現在ロリポップ!ではほとんど無いように思いますが、

データ転送量が据え置きのため、

1日に急激なアクセスがあるとアクセス制限の恐れがあります

 

WordPress簡単インストールは便利だが、データ転送量が問題

1つめのデータ転送量を気にする理由になっているのがWordPressの存在です。

ロリポップ!では、ロリポプラン、チカッパプランでWordPressを利用することが出来ます

また、WordPress簡単インストールによって特別な知識がなくとも、WordPressサイトが作れるようになっています

 

簡単にWordPressサイトが作れる反面、WordPressの一番の問題として、

  • WordPressの更新や管理を含め、基本的にはブラウザ上でできる(データ転送量増加
  • データベースの読み書きが、ほぼすべての処理で発生する(DBサーバー負荷増加

という面です。

 

個人的な感想ですが、ある一定ラインを超えるとDB(データベース)サーバーが重くなります。イメージとしては、記事数100以上、写真200枚以上くらい。

使っているレンタルサーバー番号およびDBサーバー番号に、ヘビーユーザーがいたからかもしれませんが、原因は不明です。

 

私が、WordPressサイトをロリポップ!で運営していたのは、2013年前半までの話なので、現在は改善されているかもしれません

(ちなみに私は、これを機会にWordPressサイトのみ別会社のレンタルサーバーに移転しました。)

 

あと、データ転送量ですが、以前私は以下の記事でこのように書きました。

データ転送量 1日
管理者側 1.2MB
利用者 1.5MB

 

上記の表を基に、WordPressサイトにどれくらいの利用者が来た場合、どれほどのデータ転送量になるかが以下の表になります。

 

利用者 1日 1ヶ月(30日)
1人(3アクセス*1) 1.5MB 45MB
10人(3アクセス*10) 15MB 450MB
100人(3アクセス*100) 150MB 4500MB(4.5GB)
1000人(3アクセス*1000) 1500MB(1.5GB) 45000MB(45GB)
10000人(3アクセス*10000) 15000MB(15GB) 450000MB(450GB)

WordPressのデータ転送量を概算してみた。 - operationservicebuの日記

 

個人的な感想ですが、WordPressサイトの場合、

ロリポップ!が公開しているデータ転送量目安の

3分の1くらいでの運用が妥当

に思います。

 

ロリポプランで考えれば、目安が5GBなので1.66GBあたりでのWordPress運用であれば、問題ないと私は思います。

逆に、それ以上のアクセスや複数のWordPressサイトを運営したい場合は、別の高スペックなレンタルサーバーを選んだほうが良いと私は思います。

 

まとめ

上記をまとめると、ロリポップ!は、

  • ディスク容量に比べて、データ転送量が少ない
  • データ転送量計算が1日ごとなので、急激なアクセス増加には対応できない恐れがある
  • WordPressを使いたい方は簡単に設置できるが、個人的にはデータベースが重い印象
  • 公表されているデータ転送量の3分の1くらいでのWordPressサイト運営が妥当

となります。

 

ご参考になれば幸いです。

 

参考文献

ディスク容量アップのお知らせ【最大60GB】 - 2012年07月10日 / 新着情報 / お知らせ - レンタルサーバーならロリポップ!

【お値段そのまま】容量アップのお知らせ【最大120GB!】 - 2013年07月10日 / 新着情報 / お知らせ - レンタルサーバーならロリポップ!

データ転送量の制限はありますか? / 利用規約について / よくある質問集 / サポート - レンタルサーバーならロリポップ!

禁止事項 / お申込み - レンタルサーバーならロリポップ!

 

以上、ありがとうございました。