operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

セブン銀行が2015年12月より海外発行カードのICチップ取引に対応

この記事は、個人的に思ったことを書いています。

 

セブン銀行が2015年12月より海外発行カードのICチップ取引に対応

先日、以下の記事を読みました。

セブン銀、全ATMでIC内蔵型海外カードに対応 スキミング防止で外国人観光客に安心提供 - MSN産経ニュース

 

セブン銀行のATMが、2015年12月(予定)から海外発行のキャッシュカードやクレジットカードのICチップ取引に対応するようです。

公式サイトでの発表は以下リンクをご参照ください。

http://www.sevenbank.co.jp/corp/news/2014/pdf/2014081801.pdf

 

これまでセブン銀行は、海外送金(国際送金)サービスといった海外金融機関への対応も行っています。

海外送金(国際送金)サービス | セブン銀行

 

セキュリティ面で考えれば、磁気ストライプカード(磁気カード)はセキュリティレベルが低いです。

カード裏面の黒い帯部分(磁気記録部分)にさまざまな情報が書き込まれているわけなので、スキミングされやすく、偽造される危険性が高いからです。

そのために生まれたのがICチップカードです。

 

今回、セブン銀行は東京オリンピックや日本国外からの旅行者の利便性を高めるため

従来の国内発行のキャッシュカードやクレジットカードのICチップ対応に加え、

海外発行カードのICチップ対応にも対応する方針を打ち出しました。

 

日本に住み、日本の金融機関を使っている限りは利便性が変わらないのですが、

これを機に海外発行カードのICチップに対応する金融機関が増えていくのだろうと

私は思います。

 

参考文献

セブン銀、全ATMでIC内蔵型海外カードに対応 スキミング防止で外国人観光客に安心提供 - MSN産経ニュース

セブン銀行

http://www.sevenbank.co.jp/corp/news/2014/pdf/2014081801.pdf

海外送金(国際送金)サービス | セブン銀行

 

以上、ありがとうございました。