読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

とある誰かの個人メディア論

この記事は、個人的に印象に残っている誰かの言葉をメモ書きしています。

誰かと話したときかもしれませんし、何かで読んだものかもしれません。

 

個人のメディア(ブログ、ツイッター)の話。

簡単に集めたアクセスは、簡単になくなる。
注目を維持するために、さらに過激なネタを書きはじめ、注目維持に努める。
その時点で、そのメディアは終わったメディアである。

現在の個人メディア規模は、

金や権力で集めたものなのか、

自身の個性が認められて集まったものなのか、

定期的に見直す必要があると思っています。

 

他人から注目を集めると、その注目を維持したがる。
その時点で、そのメディアは終わったメディアである。
故に、注目されても自分を見失わないことが最も大事である。

 

自分のメディアのアクセス数が本当に正しい値なのか?
本来の100倍1000倍のアクセスになっていないか?
本来の自分のメディア品質が分かっていれば、迷いや焦りなど生まれるはずが無い。

現在、運営している個人メディアの状態を知るには、自身の能力を理解している必要があります。

自身の能力さえ理解していれば、現在のアクセス数が一時的なものなのか、永続的なものなのか分かります

 

99.99%がスルーでも構わない。
0.01%未満の人が読んでくれれば、それで十分ではないか?
そもそも、0.01%未満の人が読んでくれている事実。
そのことに満足できないなら、そのメディアは終わっている。

私が、このブログで繰り返している感謝の気持ちの原点と言える文面です。

 

自分は読者のために記事を書いていない。
すべては自分のために記事を書いている。

 

去る者は喜んで去って頂こう!

ただし、残った者には多大なる感謝の念を抱こう!
自分に関わった者たちに感謝の気持ちを

 

ただし、すべては自分のために記事を書け!

誰かのためにと思った瞬間、そのメディアは終わっている。

結論を言えば、

「あなたの記事を読みに来ている」訳ではなく、

「あなた自身に興味があって来ている」

方が本当のリピーターと言えます。

 

そこを勘違いして、ユーザー志向に記事内容を変更すると、

「面白みが無くなる」

という意味と解釈しています。

 

余談

私が現在、運営しているブログやツイッターに対する姿勢を見直す意味を込めて、今回記事にしました。

これの元ネタどこだっけなぁ・・・

 

以上、ありがとうございました。