読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

私がネットや現実世界で極力使わない言葉

この記事は、個人的な考え方を書いたものです。

 

この記事で291記事目になります。

これだけの記事数がある中で、たぶん10記事以下でしか使っていない言葉があります。

 

それは、

「頑張る」「頑張れ」

です。

 

本当かな?

と思われた方は、Google検索やブログ内検索などで調べてみてください。

 

理由として、この言葉は受け取った相手の状態で「ポジティブ」にも「ネガティブ」にも解釈できてしまうということがあります。

特に、心理状態によっては「ネガティブ」に解釈されることが多いです。

 

例えば、本当に頑張っている人がいて、「頑張れ」という記事を読んだとします。

そうすると、

「これだけ頑張ってるのに、まだ頑張れと言うのか!」

と解釈される可能性があります。

 

また、「もっと頑張ろうと思います」と書いた記事があったとします。

読んだ人の中には、

「なんだ、この人全く頑張ってなかったのか」

と解釈される可能性もあります。

 

インターネットでは、基本的に文字が主流です。

その文字に感情や表情、雰囲気を持たせることは、現実世界に比べると極めて難しいです。

 

従って、「ポジティブ」にも「ネガティブ」にも解釈できる言葉は極力使わないように心がけています

これは、私が現実世界でも実践していることです。

というのも、現実世界の習慣や癖というものは、ネットでも自然に出てしまうものです。

従って、現実世界で気を付けて行動することで、習慣や癖を治したり、良い習慣を身に着けたりする必要があります。

 

とはいえ、私はまだまだ未熟です

私の意図と真逆に解釈されるような言動で、ネガティブコメントと判断される場合もあります。

そういう意味では、私の言葉遣いは間違っている部分が多々あると思っています。

 

昨日書いた「ありがとうございます」と同様に、強さのある言葉が日本語には結構あります

「ありがとうございます」から始める姿勢 - operationservicebuの日記

 

強さがある故に、使い方が難しい言葉です。

自分を戒めて、これからもブログやブログ以外の活動をより良く続けられる意味で書いてみました。

 

以上、ありがとうございました。