読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

WordPressのログインフォームのパスワード入力を2つにするプラグイン導入

この記事は、WordPressのログインフォームのパスワードを2つにするプラグイン導入を書いたものです。

 

WordPressは初期状態では、ユーザー名とパスワードの2つのみでのログイン認証になります。

今回は、プラグインを導入し、ログインフォームのパスワード入力を2つにする方法を書いていきます。

 

WordPressのログインフォームのパスワード入力を2つにするプラグイン導入

※予め、WordPressの管理画面にログインした状態から書いています。

 

プラグインのインストール

WordPressの管理画面のメニュー欄にある[プラグイン]の[新規追加]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140608190845j:plain

 

検索欄に「Stealth Login Page」と入力し、[プラグインの検索]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140608191009j:plain

 

検索結果から「Stealth Login Page(記事作成時 Ver.4.0.0)」を探し、[いますぐインストール]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140608191114j:plain

 

確認画面が表示されます。インストールする場合は[OK]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140608191303j:plain

 

インストールが完了します。続いて、プラグインを有効化したい場合は[プラグインを有効化]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140608191332j:plain

 

プラグインが有効されます。

f:id:operationservicebu:20140608191411j:plain

 

プラグインの設定

WordPress管理画面のメニュー欄にある[設定]の[Stealth Login Page]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140608191431j:plain

 

設定画面が表示されます。

入力例

Enable Stealth Mode:第2パスワードを有効にする場合はチェックします。

Enter an authorization code:第2パスワードを入力します。

URL to redirect unauthorized attempts to:第2パスワードの認証が失敗した場合、リダイレクトするURLを入力します。

Email authorization code to admin:チェックすると、管理者のメールアドレスに第2パスワードを送信します。

入力完了後、[Save Settings]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140608191511j:plain

 

これで設定が完了です。

 

設定後のログイン画面

設定後のログイン画面が以下の画像です。

ユーザー名とパスワードの下に、「Authorization code」という第2パスワードの入力欄が増えています。

f:id:operationservicebu:20140608185515j:plain

 

私の場合は、このプラグインを入れる前に以下の記事で書いた画像認証も設定しています。従って、「キャプチャーコード」の入力画面が表示されています。

WordPressのログイン画面に画像認証を導入 - operationservicebuの日記

 

参考文献

Stealth Login Page - ログイン画面に2つ目のパスワードを追加できるWordPressプラグイン | ネタワン

 

以上、ありがとうございました。