読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

とある記事でAndroid版を調べ始めた中間報告

この記事は、とある記事をきっかけにAndroid版を調べた途中経過です。

 

先日、以下の記事を読みました。

iPhoneでWEBを読む時も手軽に辞書を引けるようにして新しい知識を広げたいね - tarのブログるっ by @tarVolcano

 

上記の記事を読んでブックマークコメント(ツイッター連動)をしたところ、これがきっかけとなり、tar@メガネ男子さんとツイッターでやりとりしました。

その結果、Android版の辞書機能を調べることにしました。

アイデアをくださった、tar@メガネ男子さんありがとうございます。

 

とある記事でAndroid版を調べ始めた中間報告

さて、途中経過をお話ししておきます。

現時点での結論を言うと、

「iPhoneに似たような辞書機能は、Androidでも実現可能みたいだが、慎重に調べる必要がある」

という状態です。

 

これは、iPhoneとAndroidの一番の違いかもしれません

iPhoneはAppleが出したスマートフォンです。

「いろいろ用意したから、ぜひ使ってみてください」

「Appleが審査したアプリのみ使えますので安心です」

というのが、iPhoneと認識しています。

ということは、利用者としてもAppleが提供している機能と、Appleが審査して通過したアプリや機能を使っているので安心なんです

※最近、なんか怪しい感じのニュースもありましたが・・・それは除きます。

 

一方のAndroidです。

これは、Googleが「Android使っていいよ」って許可を受けた企業が、それぞれAndroid端末を作っています。

従って、Android端末は作った企業で独自仕様があります

そして、Androidのアプリや追加機能に関しても

「場所は提供しますので、自由にやってください!」

という感じがAndroidです。

 

従って、iPhoneのような辞書機能を、Androidで実現しようと思った場合、

「これは安全なアプリや機能なのか」

というのを、ユーザー側で調べる必要があります

 

tar@メガネ男子さんの記事のAndroid版を作ろうと思った時に、上記が一番障害となっています。軽く調べた感じとして、英語圏でのアプリをインストールすれば辞書機能は実装できそうです。

 

ただ、

それが安全なアプリなのか?

安全と言われているけど、実はスパイウェア内蔵ではないか?

というのを見極めてから記事にしようと思います。

 

余談

この記事を読んだAndroidユーザーのブロガーが、私が記事にする前に、良い記事を書いてしまうかもしれません

ただ、それもブロガー同士のコミュニケーションとして良いように思います。

詳しい人が記事を書き、困っている人に情報提供できれば、私が書くか、誰かが書くかというのは小さな問題にすぎません。

 

以上、ありがとうございました。