読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

レンタルサーバーを借りる前にしておくべき3つの準備

この記事は、個人的な考えを書いています。

 

今日で3日連続レンタルサーバーについて個人的な考えを書いています。

レンタルサーバーを借りる上で持っていてほしい思考 - operationservicebuの日記

レンタルサーバーを借りるとき知っていてほしい価格の話 - operationservicebuの日記

 

今回は、レンタルサーバーを借りる前にしておくべき3つの準備について書いていきます。

 

結論を言うと

  1. 成果物
  2. 宣伝
  3. 資金

です。

 

レンタルサーバーを借りる前にしておくべき3つの準備

1.成果物

これは、WebサイトであればHTMLファイルやCSSファイル、画像ファイルなどです。Webサービスの場合はプログラム一式です

これらを、レンタルサーバーを借りる前に、自分のパソコンで作成して、動作確認を済ませて起きます。

というのも、どのようなものをレンタルサーバーで公開するのかが決まっていなければ、レンタルサーバーの選定ができないからです。

 

例えば、ASP.NETで作成したものであれば、ASP.NETが動作するWindowsレンタルサーバーを借りる必要がありますし、PHPMySQLで作成したものであれば、作成したプログラムのPHPバージョン、MySQLデータベースのバージョンの要件を満たすレンタルサーバーを借りる必要があります

 

従って、「自分がどのようなサービスを提供するのか」を予め具体的にして、そのサービスを提供するのに適したレンタルサーバー選びをするためにも、成果物を予め作っておくということが重要だと思います。

 

2.宣伝

レンタルサーバーを利用した経験から言うのですが、

「ビックリするほどアクセスが無いです!」

「本当、ビックリしますよ!」

無料ブログや無料ホームページスペースと比べれば、10分の1以下、100分の1以下のアクセス数がしばらく続くと想像してください。そのしばらくという期間も未定です。

 

独自ドメインにしろ、レンタルサーバーが提供するドメインにしろ、借りて公開するまでは、この世に存在しないWebサイトになるので、当然GoogleYahoo!といった検索エンジンにも認識されていません

また、無料ブログや無料ホームページスペースのように新着エントリーや人気記事を公開する場所もありません

 

そこで、いつ公開するかを予め決めておいて、無料ブログやソーシャルメディアで宣伝しておく必要があります。また、宣伝するためにも、「何を提供してくれるWebサイト」かを伝える必要があるため、1の成果物が必要になります。

成果物があれば、画面のスクリーンショットなどを含めたサービスの紹介記事を書くことができると思います。

 

その他、宣伝と言うことを考えると、無料ブログやソーシャルメディアで、ある程度の活動(読者がいる。役立つ記事を書いている。など)をしている必要があります。

有名人や著名人なら別ですが、ある程度ネット上で自分を認知してもらい、そしてレンタルサーバーでサービスを始めるというのが、失敗しないレンタルサーバーでのWebサイトの運営に繋がると思います。

 

3.資金

これは、単純に言えばレンタルサーバー独自ドメイン、専用SSL含む)を借りるためのお金です。広義でいえば、成果物を作るためのソフトウェア(Visual StudioDreamweaverなど)やパソコンなども含みます。

 

私の経験から、簡単に見積もると年間あたり以下の資金が必要になります。

 

レンタルサーバー初期費用:3,000円(契約時のみ)

レンタルサーバー年間費用:月額料金1,000円×12ヶ月=12,000円

独自ドメイン年間料金:1,000円

専用SSL初期費用:10,000円(契約時のみ)

専用SSL年間費用:10,000円

 

レンタルサーバー契約時:36,000円

レンタルサーバー更新時:23,000円

 

通常よりも高めに見積もっています。場合によっては、この金額よりも安い場合、高い場合があります。その他、消費税も別途必要になる場合があります。

また、これに加えてソフトウェアやパソコンを買い揃えた場合は、別途費用がかかります。

 

こうして見ると、結構料金がかかります。従って、レンタルサーバーを借りる人は、何らかの収入源をレンタルサーバーに充てたり、提供するサービス上で広告収入を得たりして、運営するわけです

 

レンタルサーバーを借りる前に、「どれくらい費用がかかるのか」「その費用をどのように調達するか」を計画しておく必要があります。

 

まとめ

レンタルサーバーを借りる前にしておくべき3つの準備を書かせていただきました。

 

無料ブログや無料ホームページスペースと違い、レンタルサーバーでのWebサイトやブログ、Webサービスは、基本的に新しく始めるものです。

従って、それ相応の宣伝や告知、検索エンジンに認識してもらうことは、すべて運営者が行う必要があります。

また、運営する上での資金調達も計画しておく必要があります。

失敗する原因を少しでも減らすためにも、上記の3つの準備をした上で、レンタルサーバーを借りてほしいなと思います。

 

以上、ありがとうございまいした。