読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

Android向けの鉄道乗換案内アプリ比較

この記事は、Android向けの鉄道乗換案内アプリの比較記事です。

 

Android向けの鉄道乗換案内アプリはいくつかありますが、同じ条件で検索した場合、各アプリで違う経路情報が表示されます。

利用する側としては、最適な情報が出るアプリを選びたいものです。

そこで、「乗換案内」「駅探★乗換案内」「Yahoo!乗換案内」の3つのAndroidアプリで同じ条件の検索をした場合、どのような結果が表示されるか比較し、自分の考えを書いていこうと思います。

 

3つのAndroidアプリのレビュー記事は以下URLをご参照ください。

[レビュー]列車の時刻表、乗換案内アプリ「乗換案内」 - operationservicebuの日記

[レビュー]列車の時刻表、乗換案内アプリ「駅探★乗換案内 全国の駅時刻表・運行情報が検索できるアプリ」 - operationservicebuの日記

[レビュー]列車の時刻表、乗換案内アプリ「Yahoo!乗換案内 無料の時刻表、運行情報、乗り換え検索」 - operationservicebuの日記

 

Android向けの鉄道乗換案内アプリ比較

検索で使用する条件

  • 出発駅:高崎(群馬)
  • 到着駅:新宿(東京)
  • 経由駅:指定なし(標準設定に準ずる)
  • 2014年4月12日(土)12:00到着
  • 運賃表示:ICカード優先
  • 利用座席:指定なし(標準設定に準ずる)
  • 新幹線:指定なし(標準設定に準ずる)
  • 有料特急:指定なし(標準設定に準ずる)

 

検索結果の経路情報比較表

上記の「検索で使用する条件」で検索して表示された結果の比較表が以下のものです。

項目

乗換案内

f:id:operationservicebu:20140412191824p:plain

駅探★乗換案内

f:id:operationservicebu:20140412191837p:plain

Yahoo!乗換案内

f:id:operationservicebu:20140412191844p:plain

表示された経路数 4 5 6
経路内訳
ICカード料金表示の経路 1 5 0
新幹線を含む経路 2 3 6
有料特急を含む経路 0 1 0
バスを含む経路 1 0 0
その他の経路 1 1 0
最小結果
最短所要時間 1時間9分 1時間17分 1時間9分
最少乗換回数 0 0 1
最安運賃 1,720円 1,940円 3,780円
最大結果
最長所要時間 2時間25分 1時間45分 1時間25分
最大乗換回数 1 1 2
最高運賃 4,930円 4,930円 4,410円
時刻
最遅出発時刻 10:50 10:30 10:50
最遅到着時刻 11:59 11:59 11:59
最速出発時刻 9:05 9:21 10:30
最速到着時刻 11:30 10:54 11:40

 

比較表から見る各アプリの特徴

「乗換案内」
  • 高速バスが利用可能な場合は高速バスを含んだ経路を表示
  • 乗換時間を含めた最短所要時間を表示
  • 最も少ない乗換回数の経路を表示
  • 最も運賃が安い経路を表示
  • 最も遅い出発時間の経路を表示
「駅探★乗換案内」
  • 切符とICカードの両方の運賃を表示
  • 新幹線を使った経路、有料特急を使った経路、快速や普通のみを使った経路など幅広く表示
  • 最も少ない乗換回数の経路を表示
Yahoo!乗換案内」
  • 指定なしの場合は、新幹線、有料特急、飛行機を優先して使った経路を表示
  • 乗換時間を含めた最短所要時間を表示
  • 最も遅い出発時間の経路を表示

 

まとめ

4月からの運賃改正のニュースで、JR東日本電車特定区間(例えば、山手線初乗り運賃)では切符が140円、ICカードが133円とICカードのほうが安いのはご存じと思います。一方、私が利用する高崎駅(群馬)といった地方区間での初乗り運賃は、切符が140円、ICカードが144円と切符の方が安くなっています。

そこで、地方区間と電車特定区間を含んだ場合、両方の運賃を比較して電車を利用したいという考えから、乗換案内アプリを比較しました。

 

結果として、切符とICカードの運賃を比較するのに適したアプリは、「駅探★乗換案内」と言えます

 

また、電車だけでなくバスという選択肢を表示した「乗換案内」は、切符とICカードの料金比較という点では「駅探★乗換案内」に劣りますが、出発地から目的地への幅広い移動手段を調べるのには役立ちそうです。

 

一方、「Yahoo!乗換案内」は「指定なし」では、「とにかく速く目的地に着く」という検索は良さそうです。しかし、「乗換回数を少なくしたい」とか「最安の運賃で移動したい」という場合は、一つ一つ条件を指定する必要があり、面倒に感じました。

 

以上、ありがとうございました。