読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

銀行3行のスマートフォンアプリ

この記事は、先日書いた以下URLの記事で、新たに調べた銀行3行のスマートフォンアプリの記事です。

銀行公式サイトのキャプチャー画像一覧 - operationservicebuの日記

 

※各銀行口座を私は所有していないため、口座無しで操作や確認ができる部分までしか調べていません。予め、ご了承願います。

 

銀行各社のスマートフォンアプリ

スマートフォンアプリ一覧

銀行公式のスマートフォンアプリがあるか調べた一覧表が以下のものです。

銀行名

Android

iPhone

公式サイトURL
みずほ銀行 ○あり  みずほ銀行:スマートフォン「みずほ銀行アプリ」
三井住友銀行 ○あり  スマートフォンアプリのご紹介 : 三井住友銀行
三菱東京UFJ銀行 ○あり  スマートフォンアプリ | 三菱東京UFJ銀行
りそな銀行 △あり  セキュリティQ&A (6) 概要|セキュリティ安心講座|りそなダイレクト|りそな銀行
ゆうちょ銀行 ×なし  

みずほ銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行については、公式スマホアプリが公式サイトで紹介されています。また、りそな銀行はインターネットバンキングでの振込や手続きに使う、ワンタイムパスワード生成アプリのみがスマホアプリとして公式サイトで紹介されています。

一方、ゆうちょ銀行は記事作成時点では、スマホアプリは提供していません。

 

りそな銀行は、口座を所有している方がインターネットバンキングにログイン後、アプリをダウンロードする形になっているので、アプリが確認できませんでした。

従って、今回の記事は、みずほ銀行三井住友銀行三菱東京UFJ銀行の3行に絞って記事にします。

 

みずほ銀行スマートフォンアプリ

f:id:operationservicebu:20140322162445p:plain

アプリの料金
  • 無料
アプリの権限
  • ネットワーク通信(ネットワークへのフルアクセス)
  • ネットワーク通信(ネットワーク接続の表示)
  • アプリ情報(起動時の実行)
アプリの特徴

口座開設や宝くじ、ATM検索、手数料などが調べられるアプリです。アプリ内で提供される場合と、スマホブラウザを起動し該当公式サイトのページに移動する場合の2種類でみずほ銀行の各種情報を得ることができます。

f:id:operationservicebu:20140322164625p:plain

口座の操作や手続きに関しては、スマホブラウザでインターネットバンキングに移動し、操作する仕組みになっており、このアプリ単体では残高照会や各種手続きはできないようです。

f:id:operationservicebu:20140322164638p:plain

 

三井住友銀行スマートフォンアプリ

f:id:operationservicebu:20140322162456p:plain

アプリの料金
  • 無料
アプリの権限
  • ネットワーク通信(ネットワークへのフルアクセス)
  • ストレージ(内部ストレージのコンテンツの変更/削除)
  • ネットワーク通信(ネットワーク接続の表示)
アプリの特徴

みずほ銀行と違い、アプリ内で口座の操作や手続きが出来るスマホアプリのようです。アプリを起動すると、店番号と口座番号、パスワードでログインする方法と、お客様番号とパスワードでログインする方法が選べます。

f:id:operationservicebu:20140322164911p:plain

 

三菱東京UFJ銀行スマートフォンアプリ

f:id:operationservicebu:20140322162508p:plain

アプリの料金
  • 無料
アプリの権限
  • ネットワーク通信(ネットワークへのフルアクセス)
  • 電話/通話(電話番号発信)
  • 現在地(おおよその現在地[ネットワーク基地局]、正確な位置情報[GPSとネットワーク基地局])
  • ネットワーク通信(インターネットからデータを受信する、ネットワーク接続の表示)
  • 電池への影響(バイブレーション制御、端末のスリープを無効にする)
アプリの特徴

三井住友銀行同様に、アプリ内で口座の操作や手続きが出来るアプリのようです。

アプリを起動すると、お客様番号とパスワードでログインする画面が表示されます。

f:id:operationservicebu:20140322165006p:plain

 

まとめ

3行の銀行公式アプリを調べてみましたが、どれもインターネットバンキング用のお客様番号とパスワードでのログイン認証となっており、インターネットバンキングの認証方法をそのままアプリ化したという感じでした。

特に、みずほ銀行の場合は、アプリで口座の操作/手続きを行うのではなく、アプリからスマホブラウザを立ち上げ、スマートフォン版のインターネットバンキングへログインさせています。従って、口座の操作が出来ないアプリを入れる必要があるのか疑問に思いました。

一方の、三井住友銀行三菱東京UFJ銀行の公式アプリは、アプリ内で口座の操作/手続きができるようになっているようです。従って、スマートフォンにアプリを入れ、通信環境があれば、残高照会や通帳機能、振込などができそうです。

ただ、三井住友銀行は、ログインに店番号と口座番号、パスワードで認証する方法と、インターネットバンキング用のお客様番号とパスワードで認証する方法が選べます

便利な反面、ヤフオクの振込口座として取引時に自分の振込先として三井住友銀行を使うと、あとはパスワードさえ解析できれば、第三者がログインできてしまうという危険性が考えられます。危険性を減らすためにも、店番号と口座番号でのログインは今後廃止することを期待します

 

謝辞

前回の銀行記事をブログ記事内で紹介してくださったcardmicsさん

エレベーターにあとから乗ってきたのに、先にお店に入る方、やめてください…ほか、今回のはてなブログの読みもの。 - クレジットカードの読みもの

この記事を作るきっかけとなった、はてなブックマークコメントをくださったsolidstatesocietyさん

はてなブックマーク - 銀行公式サイトのキャプチャー画像一覧 - operationservicebuの日記

に感謝の意を表します。

 

以上、ありがとうございました。