読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

USBシリアル変換ケーブル(HL-340)のデバイスドライバーインストール

2014年3月9日に一部修正

この記事は、Amazon.co.jpでエムサーブが販売しているUSBシリアル変換ケーブル(HL-340)のデバイスドライバーインストールの記事です。

別のパソコンにインストールするときもあるかもしれないので備忘録として記事にします。

 

インストールしたパソコンスペック

  • 富士通製 LIFEBOOK SH560/3B
  • Windows 7 HomePremium SP1(32bit)
  • Intel Core i3 M370 2.40GHz
  • 実装メモリ 4GB

 

デバイスドライバーなしでケーブルをつないだ結果

メーカーによっては、USBケーブルを繋ぐことで、自動的に該当のデバイスドライバーをインストールし、利用可能になります。そこで、何もデバイスドライバを用意していない状態でHL-340を接続しました。結果は該当ドライバーが見つからず、利用可能にならなかった通知が表示されました。

f:id:operationservicebu:20140303143355j:plain

 

ドライバーインストール方法

インストールするときは、パソコンにHL-340がUSBポートに接続された状態で行います。

 

まず、変換ケーブルに同梱されている説明書に記載されているドライバーダウンロードサイトにアクセスし、ドライバーをダウンロードします。

  

次に、ダウンロードしたファイルを圧縮ファイルの解凍ソフト(Lhaplus)で解凍すると、以下のようなファイル群が入ったフォルダが生成されます。

f:id:operationservicebu:20140303144459j:plain

これで、デバイスドライバーのファイルを準備できました。

 

デバイスドライバーが用意できたところで、コントロールパネルの[デバイスマネージャー]を開きます。

f:id:operationservicebu:20140303145611j:plain

  

デバイスマネージャー画面の[他のデバイス]の[不明なデバイス]を右クリックし、[ドライバーソフトウェアの更新]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140303145823j:plain

  

表示された画面で[コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索します]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140303150026j:plain

  

解凍したデバイスドライバーのファイル群が入っているフォルダを指定し、[次へ]をクリックします。

f:id:operationservicebu:20140303150211j:plain

 

正常にインストールが完了すると以下のような画面になります。[閉じる]をクリックし、ウィンドウを閉じます。

f:id:operationservicebu:20140303150352j:plain

 

正常にインストールが完了すると、[不明なデバイス]が無くなり、デバイスマネージャーの[ポート(COMとLPT)]欄に[USB-SERIAL CH340]として表示されます。

私の場合は、COM3となっていますが、これがTera Termなどで利用する場合のシリアルポート番号になります。

f:id:operationservicebu:20140303150513j:plain

  

私の場合は上記のような方法でデバイスドライバーをインストールし、USBシリアル変換ケーブルが利用できました。

ご参考になれば幸いです。

  

以上、ありがとうございました。