operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

記事の文字色で気をつけていること

この記事は、個人的な考え方の記事です。

 

毎日、このブログや他のブログ、HTMLで作成したWebサイトなどで私が気を付けていることがあります。それは「文字色」と「線」の使い方です。

これはWebサイトやブログというかHTMLの基本かもしれませんが、色や線などの文字装飾は場合によっては誤解を与えることから、気を配っています。

 

例えば、以下のような文章があります。

ブログとはWeblog略称である。 

 上記の文章をみたときに、読者や訪問者はどのように思うでしょうか。

標準のHTMLでは、青字や下線はリンクのときに使われている文字色や装飾です。従って、上記文章の「ブログ」「Weblog」「略称」は無意識にリンクと誤解してしまう恐れがあります。

 

私としては、注目してほしい単語や文章の色や下線を引いているだけですが、その意図とは違った解釈がされてしまう可能性があります。

私も、Webサイトやブログを初めて作ったときには、上記のように「青文字」や「下線」を利用していました。しかし、どのようにコンテンツが読まれているか、自分が訪問者だったときにどのように解釈するか考えた結果、記事作者の意図とは違った理解をされると判断し、やめました。

 

そこで、現在では注目してほしい単語や文章については、「赤文字」「太字」のみで表現しています。

結果として、地味になります。しかし、長くブログを運営したり、良い記事を書くためには、誤解を与えない表現も必要と考えています。

 

ご参考になれば幸いです。

 

以上、ありがとうございました。