operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

大雪で思ったこと

この記事は、個人的な日記です。

 

昨日からの大雪で再び関東地方も雪景色です。

私の家の前の道路は、除雪しなければ車が走れないほど積もっています。

さらに昨晩は数分ほどですが停電しました。

 

そこで、ふと運用部門は大変だなと思いました。

道路や鉄道、通信、電気、ガスなどには運用部門があります。

 

私も、一時期SEとして、情報システム運用の作業をさせていただいたことがあるので思うのですが、運用の仕事は情報システムなら止まらないように維持管理することが仕事です。

今回の大雪で言えば、道路の雪を除雪して車や人が通れるようにすることであったり、鉄道であれば電車が走れるように駅や線路を整備することになるでしょう。

 

この仕事は感謝されることはほとんどありません。

 

お客様からすれば、使えない状態であることが問題なので、「早くしろ」「いつになったら動くんだ」と苦情は言われますが、動いたところで感謝されません。

社内からは、売り上げや今後の案件に響くため、「早くしろ」「誰がやった作業だ」と叩かれます。

 

ただ、問題ない状態に維持すること、問題が起きたら早期復旧することに使命感があります。

お客様にとって、動くことが当たり前の状態であり続けること、自分たちの作業によってお客様が円滑にサービスを利用できること。

これらの裏では、維持管理している方々が頑張っているから成り立っていることです。

 

インターネットだと、どうしてもこの意識が希薄になります。

目の前にあるのがパソコンだからか、機械に対して話しているとか、インターネットの先の機械と話しているような感覚になります。

しかし、それは間違いで、記事更新すれば、インターネットの向こう側にいる人が記事を閲覧してくださることで、アクセス数が増えます

ブログが問題なく、表示されたり記事更新できるのは、ブログのシステムやサーバーを維持している人がいるから問題なく使えています

 

大雪をきっかけに、過去の経験を思い出した結果、何事も感謝の気持ちを持って生活したいなと改めて思いました。

 

以上、ありがとうございました。