operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

[レビュー]書籍「Webサービスのつくり方」

この記事は、以下の書籍「Webサービスのつくり方 ~「新しい」を生み出すための33のエッセイ (Software Design plus)、著者:和田裕介」のレビュー記事です。

f:id:operationservicebu:20140203155435j:plain

 

日野瑛太郎著の「脱社畜の働き方」の参考文献にあった上記の書籍を図書館で借りてきて読んでみました。そこで読んだ感想を記事にしようと思います。

 

書籍の概要

この本は、和田裕介さんが考えるWebサービスのつくり方がエッセイ的な形式で書かれています。Webサービスをつくる上での、心構え、企画、設計、開発、プロモーション、運用といった、「私はこういう流れでWebサービスを作っている」という著者の考えが理解できます。

 

良かった点

本を読んだ感じとしては、Webサービスの開発をしている先輩が、これからWebサービスを作ろうとおもっている後輩にアドバイスしているような読み物です。

また、プログラムのコードなどが載ってはいますが、Webサービスを作るには、まず「何を」つくるかが重要であるとか、Webサービスは作るだけで終わりではないとか、著者がWebサービスを作ったからこそ書ける内容が中心です。

従って、教科書的な「プログラムは、こういうテクニックや決まり事」で書くというのではなく、読みやすかったです。

Webサービスを作るのは難しいとか、Webサービスを作ろうと思ったが上手くいかなったという経験や印象を私は持っていたのですが、読み進めるうちに「ああ、こう作れば良かったのか」とか「何か自分でも作ってみよう」と思いました。

 

悪かった点

ページのところどころに、参考サイトや参考情報があるのですが、それらをまとめたページが一つあったら良かったなと思いました。

どうしても、書籍であるため、ページも限られていることから、読者が詳しく知りたいと思ったところが少なかったりします。その時、「ここに興味ある人は、これで調べてみてください」的な情報がまとめて提示されていれば、さらに役立つ書籍になったように思いました。

 

総合評価

プログラミング入門書籍と違い、Webサービスを作る全体の流れが書籍になっているため、どうやって企画、開発、運用するかという広い範囲の基礎知識が得られる書籍だと思います。

ただ、この書籍を読むだけでは、Webサービスは作れないので、その他書籍やサイト、情報を得る必要があります。

 

以上、ありがとうございました。