operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

Western DigitalかSeagateか。レビューを信じるか信じないか。

昨日、知り合いが使っているコンピュータを診る機会があり、HDD使用時間が1万時間を超えていて、使用期間も丸4年使用していました。

HDDチェックツールで見ると、まだ正常に動いてはいるのですが、今後も使い続けるのを考えると交換したほうが良いと提案したところ、私が仕入れて交換することになりました。

 

そこで、Amazonで調べていたのですが、

Western Digital(WD、ウェスタンデジタル)製のHDD」にするか、

Seagate(シーゲート)製のHDD」にするか悩みました。

 

比較対象の製品のAmazonレビューも確認しました。

 ちなみに、比較した製品のレビューURLは以下です。

Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: WD Blue 3.5inch 7200rpm 500GB 16MB SATA3.0 WD5000AAKX

Amazon.co.jp: カスタマーレビュー: Seagate Barracuda 7200.12シリーズ 3.5inch SATA 6Gb/s 500GB 7200rpm 16MB 4Kセクター ST500DM002

 

レビューを信じれば、WDのほうが酷いレビューがないので良さそう。

シーゲートのほうは、異音や壊れたというレビューもあり、アタリハズレもありそうな雰囲気。

 

しかし、最後はシーゲートにしました

 

シーゲートにした理由を以下に述べます。WDもシーゲートも、廉価品のHDDから高級のHDDまでありますので、一概には言えません。

 

Seagate(シーゲート)製のHDDにした理由

  • WDのEARSシリーズで故障や速度低下などに泣かされた経験がある。
  • 私が使っているデスクトップ(DELL製の法人向けPC)にはシーゲート製が使われており、3年間問題なく動いている。
  • サーバー管理や構築をしている私の知り合いはシーゲートを薦める。

 

結果として、レビューや口コミよりも、過去の経験や私よりレベルが高い方のアドバイスで選びました

 

レビューは役に立つシステムではあるのですが、はっきり言ってしまうと

「まったく製品知識のない初心者のレビュー」なのか、

「その製品を使って仕事しているプロのレビュー」なのか、

レビューだけではわからないというところです。

レビュアーのスキルレベルも正しく表示されているレビューサイトがあるのであれば、それは有益な情報になる可能性はあります。今度は、そのスキルレベルが本当に正しいのかを検証しないといけませんが・・・。

その他、レビューの評価が購入に影響があることは、現在周知の事実であるため、意図的な高評価や低評価も一部では横行しています。

 

結局は、自身の経験やプロに聞くしかない。

インターネットの不便なところを久々に認識した感じです。

 

余談ですが、今日無事にHDDがAmazonから届き、現在スキャンディスクと全てのセクターに書き込みテストをしています。この分なら、明日にも知り合い宅で交換できるかなと思います。

 

以上、ありがとうございました。