operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

検索能力ってどうやって教えればいいんだろうか

ちょっと、テレビ東京のローカル路線バスの再放送を見てる間に箱根駅伝の総合優勝が決まったことをTwitterで確認しました。

 

東洋大総合優勝おめでとうございます。

 

現在はニュースで流れる前にソーシャルメディアで情報が得られる。

番組を見ていなくても、ある程度の内容は知れる。

インターネットで調べれば、自分の欲しい情報が得られます。

 

そこで思ったのですが、インターネットの検索能力ってどこで身に着けられるんでしょうか?

 

「検索能力が高い人と低い人で情報格差が生まれる」と、大学の講義で教授が言ってましたが、「じゃあ、どうやって検索能力を高めるんですか?」というのは教えてくれませんでした。

 

結局、自分が知りたい情報を得るために、いろいろな方法を知り、それを活用することで検索能力が高められていくのが一般的だと思います。

つまり、現在は独学で検索能力を高めているわけです。

それを教育しようと思ったときにどうするか。

 

例えば、

「私は検索能力を高めたいんです。方法を教えてください。」とか、

「どうすれば、そういう風に知りたい情報を見つけられるんですか?」とか、

私に聞かれるのですが、

Googleで検索していれば、そのうち分かるよ」としか言えない。

 

結果、その聞いてきた人は「得たい情報を得られない」ので、分かる人に質問します。

その時々で、親切丁寧な方々が現れて、教えてくださればいいのですが、世の中そんなに甘くないわけです。

情報を得られない人は得られない、得る方法を知ってる人は得られる。

 

「毎日、新聞読んで、ニュース番組見てれば知識は得られる」という方は、それでいいと思います。ただ、そのニュースで生じた「何故」や「関連情報」には、新聞やニュース番組は答えてくれません。

 

あと、受動的で得るよりも、能動的に得るほうが、得るものが多いのも事実です。

 

その訓練として、インターネットで情報を得るということは、効果的だと私は考えています。

ただ、検索能力が無ければ、自分が得たい情報にたどり着けないので、さじを投げてしまいます。

 

いったい、どうやって教えればいいんでしょうか。