operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

ロリポップ、ミニバード、ファイアバードのデータ転送量比較

この記事は以下のURLを参考にしています。

転送量の制限はありますか? / 利用規約について / よくある質問集 / サポート - ロリポップ!

よくある質問 /格安・大容量レンタルサーバーのミニバード

ユーザーサポート - よくある質問 /高機能な大容量レンタルサーバーのファイアバード

 

ホームページやWordPressを公開するにあたって、レンタルサーバーのデータ転送量の制限は確認しておく事項です。

というのも、1日のデータ転送量が少なければ、アクセスが集中したときにページの表示エラーが多発します。また、少ないアクセスでもページや写真のファイルサイズが大きければ、転送量が多くなり、結果として制限に引っ掛かりページの表示エラーが起きます。

 

そこで、ロリポップ、ミニバード、ファイアバードのデータ転送量を調べていたので、それを記事にします。

 

まず、ロリポップはプランが3つあり、データ転送量の制限は1日ごとで計算されています。そこで、1ヶ月換算ではどれくらいかを「1日毎のデータ転送量*30日」で計算して、以下の表としました。

ロリポップ
各プラン
ロリポ
プラン
ロリポ
プラン
チカッパ
プラン
月額利用料金 ¥105 ¥263~ ¥525~
データ転送量
(1日あたり)
1GB 5GB 10GB
データ転送量
1ヶ月換算
(1日*30日)
30GB 150GB 300GB

 

次に、ネットオウル社のミニバード、ファイアバードのデータ転送量は、1ヶ月あたりで制限しているので、1日あたりで制限はしていません。なので、こちらは、1日あたりのデータ転送量を「1ヶ月あたり/30日」で計算し、以下の表となりました。

  ミニバード ファイアバード
月額利用料金 ¥263~ ¥525~
データ転送量
1日換算
(1ヶ月/30日)
5GB 10GB
データ転送量
1ヶ月あたり
150GB 300GB

 

ネットオウル社では、コロリポプランに相当するプランはありませんので、ロリポップロリポプラン=ミニバード、ロリポップのチカッパプラン=ファイアバードとして考えることができます。

データ転送量で考えると、どちらも同じ転送量の制限に見えます。

ただし、1点違うところがあります。ロリポップでは、1日あたりのデータ転送量で制限するのに対して、ミニバードとファイアバードは1ヶ月あたりのデータ転送量で制限します。

 

この違いがどう影響するのか、それは特定の日だけ急激なアクセスがあった場合です。

例えば、ロリポップロリポプラン)とミニバードを利用していて、以下のようなデータ転送量の週があったとします。

  データ転送量
合計
ロリポップ
ロリポプラン
(1日あたり5GB)
2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 5GB 32GB
ミニバード
(1ヶ月あたり150GB)
2GB 3GB 4GB 5GB 6GB 7GB 5GB 32GB

どちらも、1ヶ月換算で考えれば、150GB以下ですので問題ないはずですが、ロリポップの場合はデータ転送量の制限が1日あたりで制限されるので、上記の表では、金曜と土曜は1日当たりの転送量の目安を超えているので、制限されて表示されない可能性があります。また、データ転送量の制限はあくまでも目安ですので、木曜と日曜も制限される可能性はあります。

一方のミニバードですが、1ヶ月あたり150GBですので、データ転送量としては問題ないです。

 

ただし、ロリポップとミニバードともに、

「サーバーに著しく負荷を掛けるような行為」

「超過した状態が長時間続くような場合には制限を行う可能性がある」

など、データ転送量以外の問題で制限が行われる可能性があります。

 

  • まとめ

ロリポップでは、1日あたりのデータ転送量の制限がある。

ミニバードとファイアバードでは、1ヶ月あたりのデータ転送量の制限がある。

1日あたりのデータ転送量の制限では、急激に1日のデータ転送量が増えた場合は制限される可能性がある。

1ヶ月あたりのデータ転送量の制限では、急激に1日のデータ転送量が増えても制限対象になる可能性が低い。

ただし、データ転送量以外の問題で制限される可能性はある。

 

以上、ありがとうございました。