operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

レーダー探知機は今後役に立つのだろうか

この記事は以下のURLについて述べています。

レーダー探知機 - Wikipedia

時代遅れだった…「ねずみ捕り」生活道路重点へ : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

 

私を含め車を運転している人で、スピード違反の取り締まりは関心のある話だと思います。

今日のニュースで、これまでの幹線道路などのオービスやレーダーなどのスピード違反の取り締まりから、生活道路の取り締まりにシフトする模様です。

 

そこで、私が気になったのは、「小型で持ち運びもできる無人測定器」の導入です。

 

導入されれば、これまでのように大型の設備が必要なオービスとは違い、これまで以上に測定器が設置できる道路が増えます。

設置場所さえあれば、幅が狭い生活道路でも取り締まり機設置が可能ということ。

となると、これまで有効だったレーダー探知機は役に立たなくなるのではないかと思うのです。

 

現在、レーダー探知機は最新のレーダー設置場所をネットでダウンロードして更新できるようになるなど進化してきました。

 

それを支えているのは、「大型の設備が必要である」「幹線道路で取り締まる」という前提合ってのレーダー調査員の活動です。

それが、今後は生活道路での取り締まり機も調査するとなると、これまで以上に調査する範囲が爆発的に多くなります。

 

取り締まる警察とレーダー探知機メーカーとのイタチゴッコがこれで終わるのでしょうか。

何はともあれ、時間に余裕を持ち、安全運転で車は運転したいものです。