operationservicebuの日記

日々の日記、Webサービスや書籍などのレビュー、スマホやパソコンで困ったことの操作方法など自由に書いているブログです。

[考え方]アマゾンに対抗して「ジャパゾン」って・・・

この記事は以下のURLを元に個人的考えを述べています。

Amazonに対抗して「ジャパゾン」って本気ですか? : TECH SE7EN

対アマゾン、電子書籍で連携 書店や楽天など13社、めざせ「ジャパゾン」:朝日新聞デジタル

 

私が考えるに、Amazonが成功した一つに自社開発の端末を安く売りさばき、ハードウェアを普及させて、その上で電子書籍を売ったことに成功の要因があると思う。

また、Kindleを使った経験があるから言えるのだが、Kindleでは電子書籍を買って読むだけではなく、Amazonでリアルの買い物(電子書籍以外の商品を注文して家に届くの意味)も出来るし、さまざまなアプリを入れて楽しむことができる。

 

そういう意味では、ただ電子書籍を読みたいとか、本を読みたいとかに留まらないことにAmazonの成功はあると私は考えている。

 

それに引き替え、「ジャパゾン」はどうなのだろうか。

楽天が入っているからkoboを使うのだろうか。

ソニーが入っているからXperiaやSony Tabletを使うのだろうか。

それとも、今普及しているAndroidiPhoneを使うのだろうか。

 

そもそも、本の中身が見れないカードをリアル書店で購入し、ダウンロードして読むというのは「何がしたいのか」さっぱり分からない。

 

リアルの本屋に行く理由の一つに私は、さまざまな本と見比べられることと、店員オリジナルの配置があるからと思っている。

 

ネットでは、欲しい商品をジャンルやキーワードで検索して探す。

多少、中身が見れる商品もあるが、結局は届いてみなければよく分からない。

また、探した商品に関連した商品や一緒に買われているものが表示されるが私は物足りない。

ジャンプのコミックなら、ジャンプのコミックの関連商品であったり、連作であれば、1巻2巻といった同じタイトルの商品が勧められるだけである。

 

一方リアルの本屋では、ジャンプのコミックの隣に、マガジンのコミックがあったり、サンデーのコミックがあったりする。

 

「ああ、これ面白そうだな」とつい、並んでいるコミックを買ったりする。

 

こういうのは機械的に、「ジャンプ」とか「マガジン」というジャンルであるとか、どこの誰かが一緒に買ったから勧める「関連商品」では出来ないことだ。

 

こうした、機械的ではない商品の勧めがネットで出来たらと私は願っているが、どうも今回の日本企業は「成功者に続け」的な初めから敗北な戦略をとるようである。

 

消費者目線というものを持ってほしい。